TOPICSお知らせ

学会発表

38. Yukina Mochizuki, Naoki Kikuchi, Noriko Kaji, Takashi Okada, Kentaro Terada, Yoshiaki Haakaku, Nobuyasu Tomabechi, Toshiaki Soga, Tomoya Era, Naoyuki Kobatake, Tetsunari Nishiyama. Effects Of High-intensity Strength Training On Muscle Strength Gain And Muscle Hypertrophy In Males And Females: A Meta-analysis.66th ACSM annual meeting. Orland. USA 2019.05

37. Yusuke Sekimoto, Yota keduka, Yuto Mizutome, Keisuke Takahashi, Naoki Kikuchi. Effects Of Collagen Gene Polymorphisms On Ligament Injury In Weight-lifting Athletes.66th ACSM annual meeting. Orland. USA 2019.05

36. Mika Saito, Jou Takahira, Sakura Daiku, Souichiro Miyauchi,Naoki Kikuchi. The Association Between Mct1 T1470a And Ace I/d Polymorphisms And Athletic Status In Climbing Athletes.66th ACSM annual meeting. Orland. USA 2019.05

35. Daniel Rodriguez, Nakazato Koichi,Naoki Kikuchi, Gustavo Allegretti. Water Intake During Resistance Training Affects Arterial Stiffness In Normotensive Healthy Adults. 66th ACSM annual meeting. Orland. USA 2019.05

34.上妻歩夢、植村ほたる、菊池直樹. 日帰り富士登山時の高山病発症率とACE遺伝子I/D多型との関係. 第31回トレーニング科学学会. 2018.10

33.菊池直樹、梶規子、小畑直之、岡田隆、寺田健太郎、八角卓克、苫米地 伸泰、曽我 利明、恵良友也、西山哲成.ストレングストレーニングにおける強度設定とトレーニング効果の性差に関する研究.第31回トレーニング科学学会. 2018.10

32.寺田健太郎、菊池直樹、八角卓克、中里浩一. レジスタンストレーニングにおける挙上速度の減少率の違いはトレーニング直後のパワー発揮に影響する.体力医学会大会(福井)2018年9月

31.齋藤 未花、高平 丈、宮内 宗一朗、大工 桜、菊池 直樹. クライミング選手における競技実績とMCT1遺伝子T1470A多型との関連性. 体力医学会大会(福井)2018年9月

30.宇田川雄貴、橋本卓弥、菊池直樹. カヤック競技者向け運動計測用パドルの開発.ロボティクス・メカトロニクス講演会2018. 2018.06

29.近藤和季、橋本卓弥、菊池直樹. カヤック競技者向け室内練習用エルゴメータの開発.ロボティクス・メカトロニクス講演会2018. 2018.06

28.Kikuchi N, Massidda M, Miyamae T, Suzuki S, Inoue A, Kobatake N, Masala D, Calo’ CM C, Nakazato K. 65th ACSM annual meeting. Minneapolis.USA 2018.05

27.Kikuchi N、Tajima T、Yamanaka Y、Menuki K、Okamoto T, Sakamaki-Sunaga M, Sakai A、Hiranuma K、Nakazato K. Experimental Biology 2018, San Diego. USA 2018.04

26.寺田健太郎、菊池直樹、中里浩一.高回数・低強度レジスタンストレーニング実施直後の筋浮腫は長期的な筋力の向上を妨げる.第30回日本トレーニング科学学会.2017年11月

25.中川真美、菊池直樹、橋本卓也.動的負荷制御が可能な筋力トレーニング装置の開発と目的別トレーニング.第30回日本トレーニング科学学会.2017年11月

24. 高平丈、寺田健太郎、菊池直樹.筋力トレーニング実施者および非実施者における挙上速度の違いと実際のトレーニングへの応用. 第30回日本トレーニング科学学会.2017年11月

23.宮前達流、井上暉央、鈴木俊亮、小畑直之、菊池直樹.ウェイトリフティング選手におけるパフォーマンスとACTN3遺伝子R577X多型との関連性. 第30回日本トレーニング科学学会.2017年11月

22.山田満月、菊池直樹、亀本佳世子、原田佳奈、古畑環、松田知華、須永美歌子. 女性アスリートにおける骨密度とビタミンD受容体Apa1多型および環境因子との関連性. 第72回日本体力医学会大会.2017年9月

21.寺田健太郎、菊池直樹、中里浩一. 低強度レジスタンストレーニングにおける反復回数の違いが筋力の向上率に与える影響.第72回日本体力医学会大会.2017年9月

20.岡本孝信、菊池直樹、小林亮太、橋本佑斗、畠山廣之. 動脈と身体の柔軟性指標が有酸素性運動パフォーマンスに及ぼす影響. 第68回日本体育学会2017年9月

19.岡本孝信、菊池直樹、小林亮太、橋本佑斗、畠山廣之. 動脈スティフネスの低下は心血管応答を弱めて有酸素性運動パフォーマンスを高める.第25回日本運動生理学会大会2017年7月

18.Kikuchi N, Zempo H, Fuku N, Murakami H, Sakamaki-Sunaga M, Okamoto T, Nakazato K, Miyachi M. ACTN3 R577X Polymorphism Is Associated With Trunk Flexibility In Two Different Cohorts. ACSM 63th Annual meeting 2016年6月

17.Terada K, Kikuchi N, Nakazato K. Acute Physiological Responses And Rating Of Perceived Exertion Scale In Resistance Training To Failure. ACSM 63th Annual meeting 2016年6月

16.Yvert T, Zempo H, Kikuchi N, Miyamoto-Mikami E, Wang G, Murakami H, Naito H, Miyachi M, Pitsiladis Y, Fuku N. The AGTR2 rs11091046 Polymorphism Is Associated with Elite Japanese and Jamaican Sprint/Power Athlete Status. ACSM 63th Annual meeting 2016年6月

15.橋本卓弥、菊池直樹、小木曽公尚「個人対応型ストレングストレーニング装置の開発」第33回日本ロボット学会大会. 2015年9月

14.Kikuchi N, Fuku N, Matsumoto R, Matsumoto S, Murakami H, Miyachi M and Nakazato K. MCT1 A1470T Polymorphism Is Associated With Power-oriented Athletic Performance In Elite Japanese Wrestlers. ACSM 62th Annual meeting 2015年5月

13.Fink J, Kikuchi N, Nakazato K. Effects of Rest Period/Number of Reps in Arm Specific Resistance Exercise on Acute Hormonal Responses. ACSM 62th Annual meeting 2015年5月

12. 菊池直樹、吉田翔、岡本孝信、須永美歌子、中里浩一. ACTN3遺伝子R577X多型は中高齢者の下肢筋機能に影響する. 第69体力医学会大会 2014年9月

11. Kikuchi N, Miyamoto-Mikami E, Murakami H, Miyachi M, Min SK, Nakazato K, Fuku N. Association between ACTN3 R577X genotype and elite Japanese Truck and field athlete status. ACSM 61th Annual meeting 2014年5月

10. 菊池直樹、宮本恵里、村上晴香、宮地元彦、閔石基、中里浩一、福典之. 日本人陸上競技における種目特性とACTN3遺伝子R577X多型との関連. 第68体力医学会大会 2013年9月

9. 菊池直樹、中里浩一、閔 石基、井川正治. 女性アスリートにおけるADRB3遺伝子多型と身体組成および体力要素との関連性. 体力医学会関東地方会. 2013年3月

8. 菊池直樹、上田 大、中里浩一、閔 石基、黄 仁官、井川正治. ACTN3遺伝子多型とパワー発揮能力との関連性:性差に着目して. 第67回 日本体力医学会大会 2012年9月

7. 菊池直樹、上田 大、村松愛梨奈、井川正治. ACTN3遺伝子多型はレスリング選手の競技実績に影響するか?第63回日本体育学会大会 2012年8月

8. Kikuchi N, Ueda D, Nakazato K, Min SK, Inkwan H, Igawa S. ACTN3 R577X polymorphism influences muscular power in Japanese athletes. ACSM 59th Annual meeting 2012年5月

7. 菊池直樹、黄 仁官、上田 大、中里浩一、閔 石基、井川正治ACTN3遺伝子多型が筋機能に与える影響(口頭)第66回体力医学会大会. 2011年9月

6. Kikuchi N, Hwang I, Matsumoto R, Ueda D, Min SK, Nakazato K, Igawa S. Is the distribution of ACE and ACTN3 polymorphisms in Japanese elite wrestlers? ACSM 58th Annual meeting 2011年6月

5. 菊池直樹、黄 仁官、上田 大、閔 石基、井川正治. ACE遺伝子およびACTN3遺伝子多型が持久系パフォーマンスに与える影響(口頭) 体力医学会関東地方会. 2010年11月

4. 菊池直樹、黄 仁官、上田 大、別府健至、山田 保. 異なる負荷条件における間欠的全力ペダリング運動時の大腿部筋群の活性様相に関する検討. (口頭) 第64回体力医学会大会 2009年9月

3. 菊池直樹、黄 仁官、上田 大、別府健至、山田 保. 間欠的全力ペダリング運動における大腿部筋群の活性様相に関する検討;持久系競技者に着目して. (口頭) 第60回日本体育学会大会 2009年8月

2. 菊池直樹、黄 仁官、上田大、土屋陽祐、佐藤哲朗、松永修司、山田保. 高齢者における体力的要素と転倒経験の関連性についての検討‐上肢および下肢反応時間に着目して‐ 第16回日本運動・スポーツ科学学会大会(宮崎)2009年6月

1. 菊池直樹、黄 仁官、上田 大、松永修司、山田 保、堀居 昭. 高齢者における体力とADL自立度の差異に関する検討. 第63回体力医学会大会. 2008年9月

< 業績一覧へ戻る